はちみーつロゴ
観光写真1 観光写真2 観光写真3
会員登録する ログイン
自分のトップ   ブックマーク   個人設定   招待状を送る   ご利用ガイド   
メンバー検索   コミュニティ検索   トピック検索   日記検索   フォト検索   

安全神話・玉砕の島  


トピックの閲覧をおこなうことができます。トピックの内容について、コメントの登録をおこなうことができるほか、賛同できる意見に拍手をすることができます。

シンちゃんさん:2013年3月12日(火) 16時5分

フォトアルバム[460710]フォトアルバム[460710]フォトアルバム[460710]フォトアルバム[460710]

安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
縁起でもないことは、頭が受け付けない。口に出してもいけない。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。
兵卒は優秀。参謀は愚鈍。日本語脳の定めであるか。理不尽に耐える心を養うべきか。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

わかっている、わかっている。皆、わかっている。
ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
十二歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養 (洞察力) がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
我々は、自らは望むことなく危機に陥る民族なのか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/



フォトアルバム[460710]フォトアルバム[460710]フォトアルバム[460710]フォトアルバム[460710]
拍手: 0
この日記へのトラックバックは、
http://sns.city.hachinohe.aomori.jp/trackback.php/460712

コメントを書く

トピックにコメントするには、会員登録とコミュニティへの参加が必要です。
画面上部の「会員登録する」ボタンから会員登録をおこなってください。
すでに会員の方はログインを押してください。
ログイン後、コミュニティへの参加を行ってください。