はちみーつロゴ
観光写真1 観光写真2 観光写真3
会員登録する ログイン
自分のトップ   ブックマーク   個人設定   招待状を送る   ご利用ガイド   
メンバー検索   コミュニティ検索   トピック検索   日記検索   フォト検索   

意思について


トピックの閲覧をおこなうことができます。トピックの内容について、コメントの登録をおこなうことができるほか、賛同できる意見に拍手をすることができます。

シンちゃんさん:3月19日(日) 10時54分



フォトアルバム[520107]フォトアルバム[520107]フォトアルバム[520107]フォトアルバム[520107]

意思は、未来時制の文章内容である。
意思のあるところに方法がある。(Where there’s a will, there’s way.) 意思のないところには方法がない。つまり、仕方がない。だから、あきらめる。それでは困る。活動するためには意思が必要である。

意思があれば、加害者意識 (罪の意識) も生じる。深い反省にも至る。
意思が無ければ、恣意 (私意・我がまま・身勝手) により行動する。アニマルと同様である。
恣意を鍛えて意地・根性・信念とする。かくして鍛えられる精神は勝負に強い大和魂と信じられている。’コーラは○○○、ボクシングはヤマトダマシィ’ というCМもあった。
加害者意識はなく、被害者意識ばかりがある。これも、アニマルと同様である。
意思が無ければ、罪も無い。被害者は、大人でありながら、罪を意識することのない加害者をみて、恨めしく思う。

意思には、文章内容があり、伝達が可能である。議論もできる。
時制というものがない言語では、未来時制もなく、意思もない。
日本語には時制がないので、日本人には意思がない。だから、日本人は優柔不断・意志薄弱に見える。
文章が無いので、正確な内容の伝達もなく、察し・以心伝心でその場その場を切り抜けている。察し・以心伝心の存在する社会を、日本人は非常にありがたがっている。
社会には、談合があり、腹の探り合いをする。腹をくくって決着する。腹芸もある。便利な社会であると考えられている。

日本語は写生画の言葉であり、その内容は見ればわかる。脳裏に現実の内容のみが存在していると、処世術が発達する。何事も現実が頼りで、現実に閉じ込められて流される。
非現実の内容は、哲学になる。時制のある言語を使うと、考え (あるべき姿) の内容を文章として述べることができる。
時制がない言語脳の持ち主は、非現実の話を聞いても受け入れがたい。その内容が現実離れしているからである。英米流の高等教育を受けても挫折する。
言語能力は思春期に発達する。だから、大学生には大人の教育 (哲学) が可能になる。世界観が持てる。胸の膨らむ内容を考えとして持つことができる。

現実の内容は一つになる。一つにならなければ、事実関係調べをして一つにする。日の下に新しきことなし。答えは一つになる。権威主義のようなものか。
.非現実の内容は多数ある。矛盾を含まない考えはすべて正しい。だから議論ができる。答えは一つではない。多数の中から一つを選ぶ。民主主義のようなものか。

 


フォトアルバム[520107]フォトアルバム[520107]フォトアルバム[520107]フォトアルバム[520107]
拍手: 0
この日記へのトラックバックは、
http://sns.city.hachinohe.aomori.jp/trackback.php/520108

コメントを書く

トピックにコメントするには、会員登録とコミュニティへの参加が必要です。
画面上部の「会員登録する」ボタンから会員登録をおこなってください。
すでに会員の方はログインを押してください。
ログイン後、コミュニティへの参加を行ってください。